八重山諸島の山旅
於茂登岳、野底岳、西表島ジャングル横断、古見岳
(石垣島、西表島、与那国島、波照間島、竹富島)

2005年3月2日から3月7日

八重山に行ってきたサー
 沖縄本島を越えてその向こうの島々、日本の最西端と最南端へ行きたいとかねてから思っていた。いわゆる先島諸島だ。やはり行くとなるとそのなかでも八重山諸島であろう。しかし、「山登り」を主体に考えると、八重山諸島の山でぼくが知っているのは石垣島の於茂登岳だけである。山を楽しむのはこの山だけで、あとの時間をのんびりとビーチで過ごすのかと思うと、ゆっくりのんびりできない性質の私としては時間を持て余してしまうのがおちだろうと、行きたいのだけど二の足を踏んでいた。
 ところが昨2004年、インターネットで偶然、八重山諸島の山行記を見つけた。その名もずばり「八重山諸島の島旅2003」というページである。
 このページがよかった。そこには石垣島の於茂登岳と野底岳、西表島の西表ジャングル横断と古見岳登山の山行記録が載っていた。八重山諸島にこんなにも楽しめる山があるんだと目を開かせてくれた。
 これならいけると思った。これで決まった。すぐに計画を立てた。せっかく行くのだから石垣島、西表島の山歩きのほかに最南端の波照間島、最西端の与那国島それに竹富島の観光を組み入れることにした。山仲間に声をかけたら総勢6人になった。
 まずは八重山の島々の位置関係を頭に入れることからはじめなければならなかった。これが簡単そうでなかなか頭の中でイメージを作ることができなかった。多くのガイドブックを参考にして5泊6日だが次のような欲張りな予定を作った。

目次〔予定〕
1日目3月2日(水):羽田空港=石垣空港=『於茂登岳登山』=石垣空港=与那国空港=与那国島(泊)民宿:よしまる荘
2日目3月3日(木):与那国空港=石垣空港=石垣離島桟橋=波照間島(泊)たましろ荘
3日目3月4日(金)波照間島=石垣島桟橋=竹富島=石垣島桟橋=西表島(泊)民宿:あけぼの館(上原)
4日目3月5日(土)『西表島ジャングル横断』(泊)民宿:あけぼの館
5日目3月6日(日)『古見岳登山』=由布島=西表島・大原=石垣島桟橋=〔焼肉やまもと〕=(泊)フサキリゾートビレッジ
6日目3月7日(月)『野底岳登山』=石垣空港=宮古経由=羽田空港

航空券・ガイド・旅行費用
1、航空券(1)=6人分の航空券の確保が課題だ。あれこれ考えたが結局は「JAL STAGE 沖縄」の「旅スケッチ」を利用した。このなかに「島めぐり2フライトプラン」があった。これはめっけもんだった。これで与那国島へも行けることになった。一人当たり58800円。内訳は@石垣への往復の直行便の航空運賃Aリゾートホテルの一泊分の宿泊料B石垣と与那国の往復航空運賃ーで、このお値段である。リゾートホテルの一泊の宿泊は最後の夜を少し豪華に過ごそうと思ったからで、ほかの日は島の民宿に泊まることにした。うまい具合に手間がかからず、安い商品を見つけたものである。航空運賃は「バースデー割引」より格安かもしれない。早いうちに予約したのですべてが手配できた。これで行けるんだという実感が湧いてきた。
2、航空券(2)=当初は6人分の航空券を「バースデー割引」、「特割」、「バーゲンフェア」で参加者全員が手分けして入手しようとした。石垣はいちばん遠い空港なので航空運賃もいちばん高い。いかに安い航空券を手に入れるか。けちではないが金がないのは事実なので、安い航空券を考えるのが旅を企画するうえで楽しい作業である。だが、しょせん選択肢は限られてくる。まずは2月下旬が誕生日なので「バースデー割引」を考えた。効率よく旅をするのは那覇経由よりも石垣への直行便を利用したい。直行便はJALしかない。この時期にちょうどANAの「特割」とJALの「バーゲンフェア」があるのでこれを併用すればなんとか航空券を入手できるのではないかと思ったが一抹の不安があった。それは羽田と石垣の直行便(JAL)がインターネットの予約ページを見るといつも満席なのである。「バースデー割引」ではたして予約できるのだろうかと心配になった。知人のいるJTBに依頼するとともに自分でも予約作業をするしかないと思った。それでも石垣直行便の入手は難しそうであった。再度JTBに相談したら、前述の「JAL STAGE 沖縄」を示してきた。早くからこれがあるんだと分かっていたら詳しい「航空券入手計画」などという文書なんかつくらなかったのに。
3、ガイド=前述の「八重山諸島の島旅2003」の情報から『西表島のジャングル横断』と『西表島・古見岳』ともに現地ガイドをお願いしたほうがいいと書いてあったので手配した。両方ともバナナハウスに頼んだが、都合が悪く前者のみの案内で、後者はバナナハウスの紹介でTIDELINEにお願いした。バナナハウス、TIDELINEとも料金は一人9000円。ガイド料、保険、おにぎり、お茶、送迎を含む。
4、旅行費用=前述の58800円が基本である。これに残り4泊分の民宿代、レンタカー代、離島への乗船料、山のガイド料などを加えると、旅行費用は一人当たり12万円弱だった。

 HOME NEXT