2010年〜2011年
晩酌の酒    
無垢の木と漆喰の家に

「老後を快適に過ごすため家を建て替えたい」とかみさんが言った。
わたくしは「老いて先が短いのになにをいまさら建て替えなんだ」と言い返した。
いまの緑が多い家を気に入っていたからだ。
「まだまだ住める家なのに、なんで壊さなければならないのだ」
無駄な抵抗だった。
かみさんは、無垢の木と漆喰で建てる家にこだわった。
そのため大手の住宅メーカーに頼む気はなく、地元の工務店、それも無垢の木にこだわる工務店と決めていた。
長く住んでいた家が壊されていく。緑も次々と取り除かれて更地になった。
それからようやく家が完成した。
「やっぱり建て替えてよかった」
かみさんはご機嫌でいる…。

2010年
5月27日 この家ともおさらばだ
8月12日 建て前を迎えた家づくり
9月22日 木の香りに包まれて
10月12日 外観が完成近くの姿に
11月10日 そろそろ完成のはずなのだが
12月 2日 完成は遅れて12月に
12月11日 わが家の完成一歩手前の見学会
12月16日 迷ったー漆喰壁をなに色にするか
12月21日 2階は完成した、建て替え中のわが家
12月24日 引っ越し作業、ダンボールの山にうんざり
12月31日 大晦日だというのに引っ越しの後片付け
2011年
1月10日 わが家の無垢材(1)(玄関、居間&食堂、和室)
 1月11日 わが家の無垢材(2)トイレ、台所、洗面所、風呂 
2月15日 宿根草を主体にした庭にしようっと

スライドショー(ほぼ完成した家)。 しばらくすると画像が現れます


HOME